九州エリアの太陽光発電業者を比較ランキング形式でご紹介!【ソーラーパネルの設置依頼におすすめの会社】

太陽光発電はお得?維持費はどのくらい必要?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/14

クリーンエネルギーで知られる太陽光発電は、今では一般家庭でも普及をしています。

その背景には価格が下がったことを挙げられますが、多くの方が安心して利用できるように各会社が徹底した説明や管理、付随しているサービスを提供していることも理由です。

本当にお得なのかどうか、維持費用に掛かるコストなどを十分に把握することで、納得して太陽光発電を導入できるのではないでしょうか。

 

気になる設置費用は標準的にはどのくらいなのか

太陽光発電を普通の一戸建て住宅に設置する際には、多くの方が設置費用を気にしてしまいます。

普及して間もない頃は高額と感じてしまうことが多く、実際に300万円程度の費用が掛かったという例もあります。

現在では導入している住宅が増えていることや、技術の革新によって安く提供できること、複数のメーカーが参入していることで、以前よりも価格は十分に下がっていることも事実です。

3割から5割程度下がっているとも言われているので、一戸建て住宅に導入する際には約160万円を基本と考えることができます。

この時点でそれでも高額と感じてしまう場合もあるのですが、先を見越した発想を持つと、電気料金を大幅にカットすることができるので、実際にはお得感を感じられる額面です。

単純に発電できた電力を使ったことにより、本来は電気会社から購入したと仮定すると、年間に最低でも約20万円程度の電気量が無料で使えます。

この計算では約8年間で元を取れる計算になるので、十分に魅力を感じることができるものです。

実際にはもっとお得な内容も含まれているので初期投資を回収できる期間は大きく減らすことができます。

 

太陽光発電を導入と同時に考えてみたいこととは

普通の一戸建て住宅に対して太陽光発電を設置する際には、導入と同時に住宅内をチェックしてみることがおすすめになることがあります。

例えば給湯器をあげることができます。

もしも石油式やガス式の給湯器を使っているご家庭では最新の電気式給湯器に交換することが良い方法です。

この機種は元々がエコ仕様になり、空気の熱を利用することができるので、省電力で給湯システムを使えます。

ガスコンロを使っている場合も考えることがあります。

この機会にIHクッキングヒーターに交換することでガスを使わない住宅にできます。

更にストーブなども石油を使っている場合では、同じように電気式に一本化すると、いわゆるオール電化住宅にできます。

オール電化にすると余計な基本料金などもかからずに、経費削減を成功させられます。

既に電気を使っている場所でも考えたい内容はあり、できるだけLED化を進めると、太陽光発電で作られた電気を最大限に活かすことができます。

これでガス代や灯油代を必要とせずに、分かりやすいエネルギー消費の状態にすることができ、自然と大きく節約可能です。

 

導入すると一体どのような状態になるのかの疑問

太陽光発電を住宅に導入する際には、オール電化に変えてみることがかなりおすすめになりますが、実際に仕事を依頼した後には、どのような状態になるのかで疑問を持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

太陽光パネルを屋根に設置することは多くの方が理解をしている内容ですが、簡単に言えばパネルで作られた電力はパワーコンディショナーによって使える電気に変換されます。

その後は屋内分電盤から自由に電気を使えるようになりますが、オプションの中には室内メーターというものが存在しています。

このメーターはリアルタイムで発電量と消費量をモニターで把握できるので、取り付けすることがおすすめです。

また、分電盤から電力量計に接続されることになり、電気を購入することもでき、逆に売電をすることも可能とされています。

現在では新しい機器としてリチウム蓄電池を同時に設置することも人気があります。

屋外に設置する比較的大きな機器ですが、電気を溜めておくことを可能にしているので、積極的に活用することで快適な生活を送ることができます。

 

気になってしまう維持費用についての問題とは

太陽光発電は魅力がありメリットの豊富な発電方法として注目されていますが、導入を検討している方の中には、その後の維持費用に心配してしまうこともあると考えられます。

電化製品の一つとして利用する意味では必ず壊れてしまうことがあります。

太陽光パネル自体はメーカーの保証や施工会社の保証によって長期間にわたって無料で修理してもらえることになるので目立った心配は必要がありません。

ところがパワーコンディショナーについては耐久性というものがあり10年から15年間で何かしらの不具合が出てしまうという可能性は否定できません。

この際に掛かる維持費は最大で約20万円程度が基本です。

同時に給湯器やリチウム蓄電池も同じような期間で交換が必要になることも想定できます。

これだけで大きな出費が強いられると考えてしまう方もいるかもしれませんが、実際にはそれぞれの機器類は高耐久を実現しているので、比較的少額の修理費用で済ませられることが多いものです。

メーカー保証だけでも10年以上としている場合も目立つので、壊れてしまうことでの維持費用は大きな問題ではありません。

 

欠かせないメンテナンスの内容と料金の疑問

太陽光発電は一度設置すると、それで終わりということではありません。

メーカーや施工会社が用意している保証期間中であれば、何度も無料にて修理を行えることになりロング保証を約束している会社が多いので、この点は安心できます。

しかしメンテナンスについては別に考える必要性もあり、その内容について把握することも肝心です。

メンテナンスとは一般的には太陽光パネルの状態を常に良好に保つことです。

普通は屋根に設置をしているものなので、専門会社に任せる必要がありますが、主に配線の状態やパネル表面の汚れの除去、屋根に取り付けを行っている金具の状態などをメンテナンスしています。

この作業は毎年行うことではなく、平均すると4年に1度程度を目安にすることが一般的です。

かかる料金ですが、一定期間を無料にしている会社があれば、4年に1度で約2万円程度の料金プランにしていることも多いので、負担を感じてしまうことは無いと判断できます。

メンテナンスは欠かせない作業ですが、現在販売されている太陽光パネルの耐久性はかなり長いので、あまり気にする必要もありません。

 

コストダウンを徹底して行う際の選択肢とは

太陽光発電を設置する際には、徹底したコストダウンを行うことを期待するものです。

まずは対応している専門会社選びは重要です。

簡単に言えばできるだけ安く工事を行っている会社を利用することですが、この点には注意も必要です。

会社によって大きく料金が変わっていることは事実ですが、単に初期費用が安いというだけではなく、技術面も優れていることは事前に調べておく必要性はあります。

施工実績が豊富な会社や、ユーザー満足度の高い会社であれば殆どのケースで安心できる材料にすることができるのではないでしょうか。

メーカーだけではなく独自のアフターサービスを提案している会社も信頼できます。

コストダウンを行うには欠かせない内容になり、アフターサービスが充実していない会社の場合、直ぐに多額の修理費用や交換費用がかかってしまいますが、サービスが十分であればこの問題はクリアでき、結果としてコストダウンを成功させることに成功します。

万が一に度重なるアクシデントが起きてしまっても、下請けに任せずに自社完結として仕事をしている会社を利用することでもコストダウンを行うことには最適です。

 

省エネが求められている昨今では、太陽光発電を搭載した住宅にすることが非常に注目されています。

様々な付随する機器類も進化をしていて、自然で作られたエネルギーを家庭内で消費できるので、地球環境だけではなく、家計の負担にも優しい方法です。

施工については信頼できる専門会社に任せることは当然のことでもあり、初期費用の他、後に必要とされるメンテナンス等のサービス内容にも注目することは基本です。




サイト内検索