九州エリアの太陽光発電業者を比較ランキング形式でご紹介!【ソーラーパネルの設置依頼におすすめの会社】

狭くても大丈夫?一般家庭での太陽光発電

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/14

最近は一般家庭でも太陽光発電設備を設置するケースが増えています。

一般的に発電ができる電力はソーラーパネルの面積に比例するので、屋根が広い住宅の方が有利です。

最近は屋根が狭い住宅でも設置をすることができるようなソーラーパネルが開発されているので、屋根が狭い家でも効率的に発電をすることが可能になりました。

 

太陽光発電の出力と採算ラインの関係とは

一般的に工場や発電所は、規模を大きくしたほうが生産効率が良くなるので利益率が高くなります。

逆に規模が小さいと初期費用の割合が高くて効率が悪くなってしまうので、採算ラインを割ってしまう恐れがあります。

これは一般家庭用の太陽光発電設備でもまったく同じで、従来の設置費用・性能の装置10年間で初期費用を回収するためには、10kWかそれ以上の出力が必要でした。

このような理由で数年前までは家庭用のソーラーパネルを設置するのは広い屋根を持つ大きな家に限られていました。

現在はソーラーパネルの発電効率が向上して価格が安くなったので、以前よりも少ない費用で設置することができるようになりました。

このため価格が安い海外製のソーラーパネルを使用すれば、4kW前後の出力でも十分に元を取ることが可能です。

小さな家でも南向きで日当たりが良い屋根があれば、太陽光発電設備を設置して電気代を節約することができる場合があります。

そのため、近年は小型の住宅でもソーラーパネルを設置するケースが増えています。

 

ソーラーパネルの設置面積と出力の関係

ソーラーパネルの発電量は日照量に大きく左右されるので、向きや天候によって違いがあります。

理想的な南向きの屋根があると仮定してソーラーパネルの設置面積と太陽光発電で得られる出力の関係をシミュレーションしてみましょう。

日本国内の大手メーカー製のソーラーパネル(1枚当たり1559mm×798mmで出力が250W)で計算してみます。

10kW(10,000W)の出力を得るためには、合計で40枚(10,000W÷250W)のパネルが必要です。

単純に面積を計算すると約49.7平方メートルとなります。

これは30畳に相当する広さで、例えば横10列縦4段で並べると15.6m×3.2mの長方形になります。

10kWのパネルを設置するためには、少なくとも15坪ほどの広さが必要です。

10kWの電力を得るためには、かなり大きな面積の屋根が必要であることがわかります。

屋根の形状が南向きに長方形であればパネルを無駄なく設置することができます。

現実には、住宅の屋根の形が台形や三角形であるケースが多いです。

屋根の形状が三角形や台形だと無駄な「ヘリ」の部分ができてしまうので広い面積が必要です。

 

小型で安価な太陽光発電装置を選択した場合の採算ラインとは

従来の装置であれば、設置後10年間で元を取るためには少なくとも10kW以上の出力が必要でした。

ところが最近はソーラーパネルの価格が下落しているので、10kW未満の出力でも採算ラインを割らないようにすることが可能です。

現在販売されている太陽光発電設備の中には安い製品が増えているので、従来よりも安価な費用で設置することができます。

これにより、4kW程度の出力でも日照量や屋根の向きなどの条件が良ければ10年~15年程度で十分に初期費用の回収ができるようになりました。

4kWの出力のソーラーパネルを設置する場合に必要な屋根の面積は約19.9平方メートルで、4m×5m四方の長方形の面積と同じです。

これは12畳分の面積なので、4LDKの一般的な住宅の屋根でも設置をすることが可能です。

出力が4kW程度のソーラーパネルであれば、大きな家でなくても太陽光発電設備を導入することができます。

ただし、小さな住宅の場合は屋根の形状が綺麗な長方形とは限りません。

三角形や台形の屋根に長方形のパネルを設置すると、どうしても無駄な部分が生じてしまいます。

 

効率良くソーラーパネルを配置する方法とは

最近の住宅は屋根の角度が急で、綺麗な長方形ではなくて台形や三角形のケースも少なくありません。

限られた土地を有効に活用して住宅を建てるためには、どうしても屋根の形状が複雑になってしまうからです。

従来はソーラーパネルの形状・大きさの規格が決められていて、同じ大きさの長方形のパネルを組み合わせて屋根に設置する方法が一般的でした。

この方法だと無駄な「ヘリ」の部分が生じてしまうので、屋根全体を十分に活用することができません。

最近は複数の大きさ・形状のパネルを自由自在に組み合わせることで、屋根にぴったりとフィットさせることができるようなソーラーパネルをシャープが販売しています。

台形や小さなサイズのパネルを上手に組み合わせることで、複雑な形の屋根でもヘリが生じないようにソーラーパネルを設置することができます。

これにより複雑な形の屋根でも効率良く発電ができるようになります。

小さな住宅でも屋根の隅々まで上手に利用すれば、太陽光発電装置を設置して電気代を節約することができる可能性があります。

 

狭くて複雑な形状の屋根にソーラーパネルを設置する方法とは

シャープ製のソーラーパネルを利用すれば、狭くて複雑な形状の屋根でも日当たりがよければ無駄なく太陽光発電ができます。

屋根の形状が複雑な住宅にソーラーパネルを設置するためにはシャープ製の製品を扱う太陽光発電業者を選ぶことが大切です。

シャープ製の太陽光発電装置は信頼性が高いので多くの業者が取り扱っています。

これに加えて狭い屋根にもソーラーパネルを設置した実績のある会社を選ぶ必要があります。

小さな住宅や複雑な形状の屋根でも採算がとれるように太陽光発電装置を設置するためには豊富なノウハウや経験を必要とするからです。

工事を依頼する業者を選ぶ際は、取り扱われている装置のメーカーと過去の施工実績を比較するようにしましょう。

屋根の面積が限られていたり複雑な形状であれば、日照量によって採算ラインが影響されます。

日照量が少ない北日本であれば、小さな住宅だと採算割れなってしまう恐れがあります。

逆に日照量の多い九州地方であれば、屋根の面積が狭い住宅でも十分に初期費用を回収して電気代を節約できる可能性が高いです。

 

太陽光発電装置の設置費用を低く抑えるための方法とは

一般家庭用の太陽光発電設備を設置する場合には装置の設置費用を安く抑えることが大切です。

特に屋根の面積が小さい住宅にソーラーパネルを設置する場合は得られる電力が限られてしまうので、採算ラインの条件がシビアになるからです。

ソーラーパネルは屋根に設置した後は何もしなくても勝手に発電をしてくれますが、初期費用によって採算がとれるか否かが決まってしまいます。

今は多くの業者が一般家庭用の太陽光発電装置の設置工事を行っているので、同じメーカーの装置を選ぶ場合でも工事費用が安い業者を選ぶことができます。

複数の業者に見積を作成してもらい、工事の金額や太陽光発電で得られる電力のバランスを比較・検討しながら選ぶと良いでしょう。

太陽光発電設備の設置を考慮している方であればインターネットで見積を依頼することができます。

多くの業者に見積を依頼をすれば、初期費用を低く抑えることができるからです。

インターネットを活用すれば、狭い屋根にソーラーパネルをしたノウハウを持つ業者を見つけることができます。

 

太陽光発電装置は、屋根に設置をすれば毎日発電をしてくれるというメリットがあります。

ただし採算がとれるか否かは、パネルの設置面積と設置費用によって決まります。

屋根の面積が狭いと採算ラインの条件が厳しくなるので、工事費用を抑えて効率的に発電ができるパネルを設置するノウハウを持つ業者を選ぶことが大切です。

サイト内検索
太陽光発電関連コラム