九州エリアの太陽光発電業者を比較ランキング形式でご紹介!【ソーラーパネルの設置依頼におすすめの会社】

太陽光発電とオール電化の相性について知ろう!

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/09

太陽光発電を導入する際、オール電化について検討をする家庭も少なくありませんが、過程で導入した場合の相性はいいのでしょうか。また、新築で導入するべきなのか、リフォームで導入しても問題ないのか、確認して建築業者と打ち合わせし導入してください。

太陽光発電とオール電化の基本的な意味を知る

地域の日照率によって異なりますが、いつでも安定した日照率を誇る地域では、ある程度太陽光発電で電力をまかなうことが可能です。季節によっては太陽光発電だけで電力を全て利用できるため、通常の電力会社からの電力を一切利用する必要はありません。

よく太陽光発電を導入しただけでオール電化に代わると勘違いする人もいますが、ソーラーパネルなどの発電装置を導入することと、オール電化は違います。太陽光の発電装置を導入することで、自宅で電力を作ることができるようになり、余った電機を電力会社に売電することができるのが特徴です。

また、オール電化とは家の中で使う熱源を全て電力に変えることを指し、風呂釜やエアコン、IHヒーターなどを導入することを指します。メリットとしてはガス代が一切かからなくなるため、光熱費削減につながるといわれていますが、長年ガスを使ってきた人は慣れるまでに時間がかかるでしょう。

ガスから電気に切り替えるときに初期費用がかさむため、初期費用を回収するまでに時間がかかることも理解して導入してください。電気会社のプランでは、電気を使うのに安くなる時間と高くなる時間を設定し、安くなる時間に全ての家事を済ませておくことで節約になります。光熱費を抑えることによって住宅ローンを早めに返済することや、子供の学資保険などへ貯蓄をしやすくなるでしょう。

オール電化はあくまでもガス器具や灯油で使う器具を一切使わず、電気だけで全ての熱源をまかなうことなので、ソーラーパネル導入とは大きく違います。

また、ソーラーパネルを導入したからといっても、蓄熱機や発電機などを導入していない限り、売電などをすることが難しいです。そのため、導入する場合はソーラーパネルだけではなく、全てのセットを組み込むことが売電しやすくなるために必要でしょう。

なお、新築の場合はソーラーパネル導入やオール電化にしやすいといわれていますが、リフォームの場合は建材の耐久性を考えて導入してください。ソーラーパネルは重量があるため、耐震性や重さに耐えられるほどの構造となっているのか、確認して導入することが必要です。

家の構造によってはソーラーパネルの重さに耐えられない可能性があるため、耐久性を含めた大掛かりなリフォームとなる可能性があります。導入を希望している場合には建築業者に希望を伝え、現在の家の構造などを調べてもらってから、見積もりをもらってください。

オール電化は太陽光での発電と組み合わせやすい

ある程度日照率のある地域であれば、10年もかからずに初期費用を全て回収できる可能性が高いため、導入する家は少なくありません。

しかし、ガスなどのほかの熱源を使いながら電気をまかなっている場合には、光熱費が多少高くなるといいます。他の熱源の基本使用量や使用料金がかかるため、その部分を電気を熱源とした機械に変えることによって、光熱費を大幅に下げることが可能です。

そのため、オール電化によって全ての機械を変えることは、光熱費を大幅に節減することができることとなります。ソーラーパネルと組み合わせることによって、売電しやすくなる上にさらに自宅の電気をほぼ全て太陽光でまかなえるようになるでしょう。

電力会社の電気代を大幅に節減できるだけではなく、売電によって収入が増える可能性もあるため、結果として光熱費を下げ、貯蓄を増やせる可能性があります。ただし初期費用が通常の複合的な熱源を導入する場合と違い、大幅に高くなるため、初期費用を回収するのに時間がかかるでしょう。

とはいえ、全ての熱源を電気にしていればソーラーパネルによって自動的に電気が手に入るため、電気を使わずに使用できます。つまり、売電によって電気を電力会社に売り、さらに自宅の熱源を全て太陽光で利用して、他の熱源を使わないことで毎年平均20万前後貯められる可能性が高いです。

結果として初期費用を10年程度で回収できる可能性が高いことや、回収後は売電によってさらに貯蓄を増やせることが知られています。そのため、オール電化は太陽光発電との相性がよく、導入するときに同時に取り入れている家庭が多いことがわかるでしょう。

特にプロパンガスの場合や灯油の場合は、都市ガスよりも使用料金が高いことが多いため、全てを電気に変えることによって節約できます。さらに、普段から手入れしやすいのが電気機器の特徴といわれており、IHクッキングヒーターは炎を使わないから火災のリスクが低く、安全です。

自宅で発電できる設備があれば災害のときに停電となっても、自宅で発電ができることが挙げられています。また、電気式の給湯器の場合、お湯を電気で沸かして貯めておく形式であるため、停電や断水が起こっても一時的に使用できることもメリットです。

デメリットを理解してできるだけ回避すること

オール電化のデメリットとしてあげられているのは、災害時にライフラインが寸断されると生活できなくなる恐れがあるといわれていることです。

しかし、太陽光発電と組み合わせることによって、自宅でライフラインの一部をまかなうことができるため、不安が多少緩和しやすくなります。そのため、オール電化のデメリットを補う形にできるのが同時に導入するうえでのメリットとなっていますので、参考にしてください。

ただし、災害によってはソーラーパネルの破損などの危険性が懸念されているため、定期的に状態を確認し、安全に使えるようにしておきましょう。

また、電気会社との契約内容によっては日中に電気を使うと高額となる恐れがあるため、普段から電気の安い時間に家事をおこなってください。日々の積み重ねが貯蓄を増やすチャンスにつながるため、できることをおこなうことは必要といえるでしょう。

両方を同時に導入するデメリットとしては、初期費用として通常の設備よりもかさみ、300万円以上かかることです。これは定価としての初期費用で、自治体や国からの補助金が出る可能性が高く、定価よりも割安な価格で導入できます。

ただし、それでも200万円以上の初期費用がかかるため、普段の生活でなるべく安い料金で電気を使い、売電ができるように心がけることです。その結果によって初期費用を回収できる期間が短縮される可能性が高いため、初期費用を回収するための努力を惜しまないようにしましょう。

また、リフォームなどのときの間取りや設備によっても多少補助金が出る可能性もあるため、組み合わせることでさらにお得にできます。導入する場合新築であってもリフォームであっても、納得できる費用になるようにあらかじめ見積もりを精査してから導入してください。

 

太陽光発電はソーラーパネルを使い、一戸建ての屋根を使って発電をおこない、自宅の電気に使用したり売電する設備です。オール電化とは全ての熱源を電気に切り替え、他の熱源を使わず、電気だけで生活することを指す言葉となっています。

2つを組み合わせることによって電気代が節約できることや、災害時に電気を使えるようになるため、導入する家が増えてきました。ただしソーラーパネルが破損しないように定期的な検診と、初期費用が高いことを理解して導入することが必要となるでしょう。

サイト内検索