九州エリアの太陽光発電業者を比較ランキング形式でご紹介!【ソーラーパネルの設置依頼におすすめの会社】

太陽光発電機の工事で近隣に迷惑を掛けてしまうことはある?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/14

太陽光発電機に関わる工事では、近隣に迷惑をかけてしまうリスクがあるのかどうかが気になる人もいるでしょう。地域社会でうまく立ち回っていくためには自己利益のためだけに周囲に迷惑をかけないようにするのは大切なことです。導入やメンテナンス、撤退といったタイミングで、迷惑はかかってしまうのでしょうか。

工事の内容や施工する現場による違いが大きい

太陽光発電機の工事をするときに近隣に迷惑がかかってしまうかどうか、あるいはかかるとしたら程度がどのくらいになるかというのは気になる点なのは確かです。ただ、まったくかからないとも耐えがたいような迷惑がかかるとも一概にはいえません。

太陽光発電システムを導入するときやメンテナンスをするとき、撤去をするときのどの状況においても、施工する現場がどのようになっているかの影響がまず大きいからです。工事の内容による影響もあるのは確かですが、まずは環境要因の影響を考えてみましょう。

一戸建て住宅で屋根の上に太陽光発電パネルを設置するケースをまずは想定してみましょう。屋根の上で設置作業をするためには足場を作らなければなりません。その足場を設置するために自宅の敷地内では済まず、周囲の敷地や道路を使わなければならないときには大きな迷惑がかかります。

しかし、足場を敷地内に作ることができれば大きな支障はないでしょう。ただ、太陽光発電パネルなどを運び込むことは必要です。トラックをしばらく道路に駐車しておく必要が生じるといったことは多いので迷惑がかかってしまうリスクはあります。

太陽光発電パネルの設置工事では多かれ少なかれ音が出るのも確かです。振動や異臭といったトラブルについては、あまり心配の必要はないですが、騒音については「起こり得る」と考えておいたほうがよいでしょう。

同様の状況で、設置ではなくメンテナンスや撤去をする場合にはどうなるでしょうか。メンテナンスの場合にも足場は設置する必要があるので、敷地内に足場を作れない場合には迷惑がかかります。資材はほとんど必要ないのが一般的なので、それ以外の迷惑がかかることはあまりないでしょう。

撤去の場合にも足場の事情は同じで、撤去作業にはやはりある程度の騒音が伴います。撤去した太陽光発電パネルの廃棄のためにトラックで運んでもらうことも必要になるため、トラックの駐車が問題になることもあるでしょう。このように撤去するときにも設置のときと同じくらいの迷惑がかかることは否定できません。

マンションで太陽光発電機を設置するケースもありますが、この場合には迷惑がかかってしまうのでしょうか。マンションの屋上に管理組合の決断で設置する、オーナーの意向で設置するといったケースでは大規模な足場の構築が必要になるので、マンションの住民に迷惑がかかります。

しかし、住民が自分の部屋のベランダに設置するという場合には足場を作らずとも部屋の中から太陽光発電パネルを持ち込んで設置できるので迷惑がかかることはありません。ただ、マンションの管理規定でベランダは避難経路として位置付けられていることがあります。その場合には管理組合の許可を得ないと設置できないことがありますが、組合の会合を開いてもらう必要があるという程度しか負担を強いることはないでしょう。

ただ、やはり資材の搬入のために迷惑をかけることになってしまうことは否めません。ベランダに設置する場合にもマンションの駐車場や前の道にトラックを駐車することになり、上層階の場合にはエレベーターを使って資材を運ぶことになります。数が多い場合には養生をすることもあるので、施工期間中はマンションの住民に迷惑をかけることになるのは確かでしょう。

多かれ少なかれ迷惑はかかってしまう

太陽光発電機の工事をするときには、多かれ少なかれ近隣に迷惑がかかってしまうことは念頭に置いて対策をすることが大切です。事前に相談をして内諾を得ておくのが最も重要なポイントになります。

たとえば、隣の家の敷地を一部借りなければ足場を作れないといった場合には、その家に挨拶に行って太陽光発電システムの工事をするために足場を作らせて欲しいと相談に行くことになります。ちょっとした相談では応じてくれない場合には交渉になることもあるので注意しましょう。

道路にトラックが駐車するといったことはほとんど避けることができません。ただ、迷惑なのは確かではあるものの、ある意味ではお互い様と考えることもできるでしょう。トラックが駐車するから通行するのに狭くなる、通行が困難になるという連絡が事前にあれば納得してもらえることも多いのです。

何もアナウンスをせずに突然工事が始まり、道路を見たらトラックが道を塞いでいるというのでは大きな不満を抱かれてしまいます。周囲にきちんと連絡をしてあれば、あまり大きなトラブルにはならないと考えてよいでしょう。

説明は業者に任せることができるので安心

近所付き合いを考えると、「太陽光発電システムの導入をするから工事で迷惑がかかるかもしれない」と率直に切り出すのは難しいと感じることもあるでしょう。近所付き合いは複雑なのは確かで、太陽光発電機を設置するために道路が使えなくなるなどという話をしたら憤慨されてしまうかもしれません。赤ちゃんがいるのに昼間から大きな音を立てないで欲しいと強くいわれてしまう可能性もあるでしょう。

このような工事をするときの挨拶回りを自分でやって詳しく説明していくと、近所の人たちは自分のいいたいことをはっきりといって、不平不満を解消しようと考える傾向があります。やはり個人がやっていることだから、その人の希望していることであって不平をいう権利があると考えやすいのです。

しかし、このような悩みを持っているケースが多いことを考慮して太陽光発電システムの設置やメンテナンス、撤去などを行っている業者では近隣への説明を自ら対応していることが多くなっています。個人の依頼主に負担をかけることなく近隣にアナウンスをしていき、工事をすることを妥協してもらえるようにするサービスがあるのです。

業者によって対応の仕方にも違いはありますが、太陽光発電機に関わる工事は足場工事をともなうので大きな規模の施工として捉えられてしまいがちです。そのため、少なくとも隣接するところには工事責任者が直接挨拶回りをするようになっています。

足場を組む必要がないようなケースではポスティングで工事の時期や時間帯を伝えるのが一般的です。その時間帯に何が起こるのかを明記し、解決策についてもわかりやすく説明してあるビラを配ってもらえるので安心して施工を依頼できるでしょう。

 

太陽光発電機の工事には設置、メンテナンス、撤去といった種類がありますが、どの場合にも多かれ少なかれ近隣に迷惑がかかることは否めません。設置や撤去では騒音のリスクがあり、資材の搬入や運び出しのためにトラックの駐車スペースの確保をしなければならないでしょう。

また、どのケースであっても屋根の上に太陽光発電パネルを設置したのなら足場の構築が必要になるのが一般的です。足場の設置が難しい場合には隣の家の庭を借りて足場を作ることもあります。

いろいろなケースはあるものの、近隣の人たちへのアナウンスは業者が行ってくれるのが一般的です。太陽光発電システムの工事を依頼する本人が挨拶回りをするよりも波風が立たないので、業者に依頼して穏便に工事を終えられるようにしましょう。

サイト内検索
太陽光発電関連コラム